に投稿 コメントを残す

ナイトブラってどうして着けた方が良いの?

ナイトブラは夜寝る時に身に着けるブラジャーですけど、そもそも寝る時にブラジャーって必要なのでしょうか。
日中、キュッと締め付けて圧迫をしているので、夜は解放してあげたいと考える方もいらっしゃると思います。
しかし、結論を言いますと、夜に着けるナイトブラは必要です。
それは、バストの形状を維持するためです。

バストの仕組みとして、日中、重力で下に行こうとする乳房をツンと上向きにしてくれる「クーパー靭帯」というものがあります。
「クーパー靭帯」とは、乳房内の乳腺や脂肪をつなげて支えることで、乳房の形を作る働きがあります。

「クーパー靭帯」はコラーゲンが主成分なので、筋肉のように鍛えたりすることができません。
そして、クーパー靭帯は一度伸びてしまったり、切れたりしてしまったら、それが元に戻ることもありません。
それだけに、常日頃から大事にケアをする必要があるのです。

夜、寝ているときに、ブラジャーをしないと乳房はどうなるでしょうか。

仰向けになっているので、乳房はカラダの左右に流れています。
横に向いていたら重力にそって、乳房は下に引っ張られると思います。
寝返りをうつと、その乳房は反対に引っ張られるでしょう。

この、引っ張られる状態が「クーパー靭帯」に負担をかけているのです。
先ほどもお話ししたように、クーパー靭帯は一度伸びてしまったり、切れたりしてしまったら、それが元に戻ることはありません。
寝ている時間は1日24時間のうち、約3分の1の8時間くらいは割合として占めています。

3分の1の時間をナイトブラで支えてあげて、毎日ケアをしてあげるのとしないのでは、長い時間が経った時に大きな差が生まれてきます。

女性の皮膚は年齢とともに柔らかくなりますが、胸の部分もそれと同様です。
皮膚が柔らかくなれば変形もしやすく、「クーパー靭帯」をケアしなければ、変化も大きいでしょう。

『夜もブラジャーはした方が良い。』
『でも、締め付ける感じだと落ち着いて寝ることができない。』

そこで、ナイトブラが登場します。

ナイトブラは、日中身に着けるブラジャーと違い、ゆとりを持って作られています。
日中身に着ける昼用ブラジャーは、ワイヤーや肩ひもを使って下から上に支えることで縦の動きに対応しています。

一方、夜用ナイトブラは寝ているときのバストの傾きに対し、全方向から包み込むように作られていますので、縦、横の動きにも対応しています。
「クーパー靭帯」にも負担が掛からず、適切な位置にキープしてくれます。

そして、ゆとりある作りなので、寝ている間も圧迫もされず、快適に眠ることができます。
皆さんも、ナイトブラを着用して、いつまでも形の美しいバストを保っていきましょう。

昼用と夜用でカンタンに切り替えられるブラが特許を取得して登場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。